必要な道具と材料

安全で確実なミラーの取り付け方法について、岡本鏡店の施工実績を基にできるだけわかりやすく解説します。あくまでも一例ですので、お買い上げ品を実際どのように取り付ければよいのかなど、ご不明な点がありましたら何なりとお問い合せ下さい。ご質問やお問い合せ内容はできるだけ具体的にお願いします。

岡本鏡店推奨のミラーの吊り方
ミラー裏側に予めお付けしているチェーンや固定金具など吊り方について解説します。


吊り方 吊り方と吊り具の説明 吊り具の写真
ひも 最も簡単で単純な吊り方です。額縁を吊り下げる要領と同じです。小さくて軽い鏡の時に使用しています。
吊るす前には必ず結び目が緩んでいないかお確かめ下さい。また1年に一度程度はひもが劣化していないか点検して下さい。
ミラーのひも吊り
チェーン ひもに比べ強度は増しますが、1点で吊り下げるため壁への負担を考慮し重量が5kg程度までのミラーで使用しています。引っ掛け部分は輪になっていますので吊り下げる時に便利です。チェーンがよじれないように吊り下げるのがポイントです。 ミラーのチェーン吊り
三角型吊り金具 フレームの上端左右に取付けて2ヶ所で吊り下げる時に使います。ひもやチェーンは1ヶ所で吊り下げるため壁面の一点にミラーの重量がかかりますし触ると動きますが、この金具を使うとミラーの重量を2ヶ所に分散できるため少し重量のあるミラーでも取付け可能になります。10kg程度の重量のミラーに使います。 ミラーの三角型吊り金具吊り
ドッコ式固定金具 フレームミラーを取付ける時にいつも使う方法です。少し難度は上がりますが「確実性」、「見栄え」とも最良だと思います。振れ止め金具を併用して4ヶ所で固定するので重量が20kg程度ある重いミラーでも1ヶ所当りの荷重が四分の一に分散できる利点があります。金具の厚みは1mmですから取り付けた時にミラーが壁にほぼ沿ったような状態で設置できます。
※トッコ式固定金具と振れ止め金具仕様のミラーについては、当店で予め設置した上お届けしております。通常は縦長使い用に設置していますので、横長使いご希望時はご注文の際にお知らせ下さい。
ミラーの独鈷式固定金具吊り
ミラー固定バー ミラー裏面が木製で真っ平な時に用いる固定金具です。従いまして、どんなミラーにでも使える固定金具ではありません。同じ形状をした2枚の固定金具を1枚はミラー側へ引っ掛かりを下向きにして、もう一枚は壁側に引っ掛かりを上向きにして嚙合わせるようにして固定します。 ミラーの固定バー吊り
振れ止め金具 振れ止め金具は底辺に突起部分だけを突出させた状態でフレームの下辺左右に設置します。
トッコ式固定金具やミラー固定バーが推奨取付具の場合ほとんど必ず用います。なお、三角型吊り金具で設置する場合も使うことができます。
ミラー振れ止め金具固定

ミラーの設置に必要な道具類
必要な道具、あると便利な道具をわかりやすく表にまとめました。


道具の名前 道具の説明と必要度 道具の写真
鉛筆 マーキングをするのに使用します。ボールペンでもいいですが、鉛筆はあとで消せる利点があります。
★ ★ ★ 必要です
ミラーの取り付けに使う鉛筆
メジャー 巻尺タイプの方がいいのですが無ければ棒状の物差しでも代用できます。使い方のコツは始点を100mmのメモリに合わせること。例えば始点から550mmにマークをしたい時は、始点を100mmに合わせて650mmの地点に印をします。
★ ★ ★ 必要です
ミラーの取り付けに使うメジャー
錐(きり) 印をしたポイントに穴を開ける際に使います。無ければ千枚通しなどで代用できます。
★ ★ ★ 必要です
ミラーの取り付けに使う錐(きり)
プラスのねじまわし ネジをねじ込むのに使いますので、できれば大きいものと小さいものをご用意下さい。ネジを回すだけではなく壁に大きな穴を開けたりする時にも使います。
★ ★ ★ 必要です
かなづち(ハンマー) 石膏ボードの壁の時、ネジをねじ込みたいポイントに下地があるかくぎを打ち込んで調べる際に使います。またコンクリートの場合はくぎを打ってくぼみ(あたり)を付ける時に使います。
★ ★ ★ 必要です
ミラーの取り付けに使うかなづち
水平器 左右の取り付けポイントが水平になる様に調べる道具です。最近はスマホアプリもある様ですので絶対に必要な工具ではありません。
★ あれば便利です
ミラーの取り付けに使う水平器
脚立 高いところに印をしたりする際に使います。なければ椅子などで代用して下さい。
★ あれば便利です
ミラーの取り付けに使う脚立
カッターナイフ とっこ式固定金具をフレームに再設置したりする時には必ず使いますが、絶対にないと困る道具ではありません。ただ役立つ場面もありますのでやはりあると便利です。
★ ★ おすすめです
ミラーの取り付けに使うカッターナイフ
固形石鹸 ネジに少量付けると滑りがよくなりねじ込みやすくなります。手を洗うためではなく潤滑油の代用品です。特に木下地の時には効果抜群です。水にぬらさずに使って下さい。
★ ★ おすすめです
ミラーの取り付けに使う石鹸
電動ドリル コンクリートの壁を削孔する際には必ず必要です。硬いコンクリートでも削孔できる振動ドリルをおすすめします。
タイル壁の時も使います。
★ ★ ★ 必要です
ミラーの取り付けに使う電動ドリル
穴を開けたい位置にくぼみを付けるのに使います。特にコンクリートの場合はいきなりドリルを使うと開け位置がずれてしまうので釘は必需品です。
★ ★ ★ 必要です
ミラーの取り付けに使う釘
ミラー用吸盤 ミラーを持ち上げる時に使います。ミラー表面に付けハンドルを握って持ち上げます。ミラーを設置する時にあると大変便利です。
★ ★ おすすめです
ミラーの取り付けに使う吸盤
掃除機 コンクリートを削孔した際には粉が飛散するので、掃除機を使って吸引しながら施工すると周りが汚れずに済みます。
★ ★ おすすめです
ミラーの取り付けに使う掃除機
計算機 取付位置を割り出す時の計算は、暗算よりも計算機を使う方が正確ですのであると便利です。
★ あれば便利です
ミラーの取り付けに使う計算機
ヒッパー ボードファスナーを壁に取り付けるのに使います。ボードファスナーとは石膏ボードや薄いベニヤ板の壁の時に利用するアンカープラグの一種です。分類上は「★ ★ おすすめです」ですがこのプラグを使う時には必要です。
★ ★ おすすめです
ミラーの取り付けに使うヒッパー

ミラーの設置に必要な材料
ミラーを設置するについて、どんな材料が必要なのかわかりやすく表にまとめました。


材料名 材料の説明と対応する壁 材料の写真
プラスタボードアンカー このアンカーを使うとネジの効かない石膏ボードの壁にもネジが使えるようになります。下の図のように、ねじ回しでボード壁にねじ込んで埋設します。
ミラーの取り付け材料のプラスタボードアンカー
ミラーの取り付けに使う鉛筆
タッピングネジ プラスタボードアンカーや木下地、コンクリート、タイルなどほとんどの壁で使います。コンクリートやタイルの場合は、カールプラグと併用します。
※プラスタボードアンカーには付属しています。
ミラーの取り付け材料のタッピングネジ
カールプラグ コンクリートやタイルの場合、ドリルで削孔した後にカールプラグを打ち込んでネジをねじ込みます。 ミラーの取り付け材料のカールプラグ
エックスフック 石膏ボードの壁に有効です。ピンを3本打ち込むだけですので簡単に設置できます。手軽に取り付けたい時などに便利です。耐荷重は5kgですので2個使うと10kg程度のミラーなら使用可能です。
木下地のある壁にも使えます。
ミラーの取り付け材料のエックスフック
軽鉄用ネジ 軽鉄とは軽量鉄骨の略で薄いスチールでできた下地材です。軽鉄下地には、先端が尖りネジ切が急な軽鉄専用のネジを使って設置します。 ミラーの取り付け材料の軽鉄用ネジ
ボードファスナー プラスタボードアンカーと同じように、主に石膏ボードの壁で使用します。プラスタボードアンカーとの違いは、下の図のように壁を裏側から挟みこんで固定する点です。ボードファスナーはヒッパーという専用工具を使って施工します。壁の厚みに応じて種類がありますので薄い化粧板等でも使えます。
ミラーの取り付け材料のボードファスナーの使い方
ミラーの取り付け材料のボードファスナー
両面テープ 2箇所で吊り下げた場合などでミラーの浮きを防ぐ際等で使用します。紙状ではなく肉厚のテープをご用意下さい。ただし必要度は低い材料です。 ミラーの取り付け材料の両面テープ

壁の種類と適切な取り付け方
ご自身でウォールミラーを取り付ける場合は、壁が何でできているのかを見極める作業が必要です。「どんな壁か」がわかったら、壁の種類に応じた取り付け方のページをご覧下さい。


・石膏ボードの壁
一番多く使われています。叩いてみると「ボン、ボン、」と中が空洞のような音がします。虫ピンなどを刺すと、引き抜いた時にピンが白くなっていたら石膏ボードです。

取り付け方など詳しくはこちら
石膏ボードの壁


・コンクリートの壁
マンションやビルなど規模の大きい建物に多い壁です。叩くと石のような硬さが伝わってきます。

取り付け方など詳しくはこちら
コンクリートの壁


・木下地のある壁
9mmベニヤやコンパネといった分厚い木材を使って仕上げ、施工性を上げた壁のことをいいます。

取り付け方など詳しくはこちら
木下地のある壁


・土壁やその他の壁
竹格子の下地の上に土材(漆喰)を塗り重ねた壁です。ただし、石膏ボードに珪藻土などを塗って仕上げている場合もありますので見極めが大切です。

取り付け方など詳しくはこちら
土壁やその他の壁
お買い物ガイド
ご注文は、次のお支払方法により承ります。
クレジットカード決済
 取扱いカードは次の通りです。
鏡専門店で使えるクレジットカード

鏡専門店で使えるクレジットカードについて詳しくはこちら
後払い(コンビニ、郵便局、銀行)
商品は、お支払い前に発送致します。
当店に代り、株式会社キャッチボールが請求書をお送りします。
上限金額は、総額が30万円(消費税込)未満です。
手数料は330円です。
詳しい取り決め(契約内容)をご確認の上ご注文下さい。
  ↓↓↓
鏡専門店で使える後払い決済

鏡専門店で使える後払い決済について詳しくはこちら
代金引換
クロネコヤマト、西濃運輸カンガルー便による代引きサービスです。
※手数料はお客様負担で金額により異なりますので、下の「詳しくはこちら」でご確認下さい。
※利用限度額は、30万円(税込み)までです。
鏡専門店で使えるクロネココレクト  鏡専門店で使える西濃コレクト

鏡専門店で使えるクロネココレクトについて詳しくはこちら
コンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済
銀行ATMからでもコンビニ専用端末やネットバンクからでも、好きな支払先を選べる便利なサービスです。
※コンビニ専用端末利用限度額は、30万円(税込み)未満です。
※手数料は330円(税込み)です。
※前払いです。
鏡専門店で使えるコンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済

鏡専門店で使えるコンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済について詳しくはこちら
コンビニ決済(払込票式)
ご注文後「コンビニ払込票」を送付します。
入金確認でき次第、出荷準備に掛かります。
※手数料は330円(税込み)です。
※前払いです。
鏡専門店で使えるコンビニ決済(払込票)

鏡専門店で使えるコンビニ決済(払込票)について詳しくはこちら
銀行振込
受注後に口座番号をメールでお知らせ致しますので指定期日までにお振込み下さい。
振り込み手数料はお客様負担です。

郵便振替
受注後、振込先口座情報と送料を含む総請求額をメールでお知らせ致します。
振り込み手数料はお客様負担です。
ミラー専門店の銀行振込郵便振替について詳しくはこちら
・クロネコヤマト宅急便、または西濃運輸カンガルー便でお届けします。
※宅急便の場合でもご注文数によっては西濃運輸に変更することがあります。
・配達日指定は次の時間帯で承ります。

※西濃運輸は午前・午後の指定のみです。
ご希望に副えない場合があります。
ミラー専門店のクロネコヤマト宅急便、西濃運輸カンガルーについて便詳しくはこちら
・送料はお客様負担です。
・西濃運輸カンガルー便は全国一律3,500円(税込み)です。
※ただし北海道・沖縄・離島は別途御見積とさせて頂きます。
・クロネコヤマト宅急便は地域別一律運賃でお届けします。
・地域ごとの運賃は下の「詳しくはこちら」でご確認下さい。

ミラー専門店の運賃表について詳しくはこちら



このような梱包でお届けします。
【お客様都合による交換返品】
・お客様都合による交換返品は商品の性質上お受けできません。
【輸送破損、初期不良】
・万が一破損、荷傷み、初期不良があった場合は、当店までご一報下さい。
電話 075-343-0550
※配達指定日、もしくはお届け予定日から7日以内にお知らせ下さい。
※商品の性質上、微細な瑕疵は初期不良とは認められない場合があります。
※配達指定地から移動した荷物や、すでに使用された商品の事故認定はできません。
※運送業者がお伺いするまで梱包材なども含めて保管を願いします。
※梱包資材が残っていない場合は輸送事故と認められませんのでご注意下さい。
・交換、又は返金にて対処させて頂きます。
・ご返金の方法は、銀行振込のみとさせて頂きます。
ミラー専門店の交換返品について詳しくはこちら

その他詳しいお取引方法はこちらをご覧ください。
お買い物ガイド
株式会社 岡本鏡店
〒600-8031
京都市下京区寺町通四条下る貞安前之町594
TEL:075-343-0550 FAX:075-351-4508
Email:kagami@okamotokagami.co.jp
ショールーム 10:00 ~18:00
定休日:毎週水曜日
※水曜日は定休日なため、お電話を頂いてもお応えできないかもしれません。
また、メールの返信は木曜日以降になりますので予めご了承下さい。
店主の岡本勇郎です。鏡屋初代・岡本喜兵衛から数えて五代目の1967 年生まれです。
ミラー専門店の知識と技術を生かしつつ、「温故知新」と「一期一会」を大切に、目利きの品を京都のショールームよりお届けします。
商品についてのご質問やご要望は、何なりとお聞かせ下さい。
(C) Copyright 2000-2018 OkamotoKagami-Ten co,ltd. All Rights Reserved.
このページに掲載されている画像・イラスト・文章などの無断転載を禁じます。

ページトップへ