鏡 ミラー専門店 岡本鏡店のベネチア旅行記

鏡専門店岡本鏡店のベネチア旅行記
鏡専門店岡本鏡店のベネチア旅行記
いよいよベネチアに向け出発
いよいよベネチアに向け出発です。写真はミラノ中央駅。ベネチアへは陸路列車の経路と飛行機によるアプローチとがあります。空路の場合マルコポーロ空港にランディングしますが、ベネチアまでは高速船で約1時間と少し距離がありちょっと不便です。通常は電車で向かいます。切符は構内の券売機で購入。うまく買えないこともありますがそんな時は焦ってはいけません。大概の場合は券売機の故障ですから。ミラノ、ベネチア間は、特急列車で2時間半程度。早朝の出発です。
もうすぐベネチア
途中Brescia駅に停車。ベネチアに近づくにつれ、景色も変わっていきます。
ベネチアに到着
水の都、ベネチアに到着。ベネチアは、もともと土砂の堆積により形成される「潟」の上にできた街で、本島中央には大きな運河がSの字に伸びています。見るからに風光明媚でたまに訪れると確かにいいところですが、地盤沈下や人口流出、或いは温暖化の影響による海面上昇など、様々な問題を抱えていることも事実のようです。列車の終着駅「サンタルチア」駅で下車した後は、大運河を船でサンマルコ広場まで。
サンマルコ広場へ
サンマルコ広場、ではありません。サンマルコ広場の近くです。下の写真に見える正面の建物を右に曲がりしばらく歩くとサンマルコ広場です。
サンマルコ広場へのアプローチ
サンマルコ広場へのアプローチ。回廊のような造りで、たくさんの土産物屋さん、宝飾品店、カフェなどが軒を連ねます。本気で買い物をする気なら、2時間くらいはあっという間に過ぎてしまうでしょう。
ムラーノ島へ
サンマルコ広場を離れ、再びバポレットに。ムラーノ島へ。
ムラーノ島へ到着
ムラーノ島へ到着。早速目指す工房に向け移動開始。途中バーに立ち寄り喉を潤す。
取引先のベネチアングラス工房
取引先のベネチアングラスミラー工房。中は整理が行き届いていて清潔です。ご覧の通り完全ハンドメイド。「ベネチアングラスはベネチアに行けば買える」のは当然のことですが、目抜き通りに立ち並ぶショップは殆どが小売店で製造はしていません。ベネチアは分業制度が隅々まで浸透しているので、工房が直販をしていることは稀です。また、路地の奥の方にしか工房はありませんので、人眼にもつかないという訳です。因みに小売店で買うベネチアングラスは、品質は兎に角、価格は正直なところ安くはありません。中国人のような強かな交渉術と、良い品を見抜く眼力を持ち合わせないと高い品を売りつけられるだけ、というのが私の感想でしょうか。
取引先のベネチアングラス工房
ガラスを削り模様を付けている光景です。写真では分かりませんが、まさに神業、職人技です。これは感動しました。模様を付けた後、透明のガラスを硝酸銀でメッキし鏡に仕上げます。同じものは世界に二つと存在しません。
ムラーノ島を散策しつつ、、、
ムラーノ島を散策しつつ次の訪問先へ。途中オープンテラスで昼食。サンドイッチとビール。ベネチアは、一部の島を除いて、自動車、自転車は乗り入れられません。それもそのはず、物凄く細い路地といたるところに見られる運河、それから階段。これではとても乗れません。移動は徒歩、または船に頼るのみですから少し不便ですが、反面交通事故とは無縁の世界。安心して歩けるからうれしいです。
品定め中
次の工房での品定め。ごめんなさい、買付中は殆ど写真撮影の機会がありません。
これが炉です
上の写真は工房。下の写真は炉です。目抜き通りから細い路地に入り、奥へ抜けると少し広場になっていてこういうところに工房があります。でも、勝手に入る訳にはいきません。紹介や工房との面識がないとなかなか内部へは入れてくれません。
すさまじいオブジェ
凄まじいオブジェです。ベネチア本島やムラーノ島の店先に並んでいたり、日本で見かける所謂ベネチアングラスは、「かわいくて、楽しくて」、精々「少し奇抜」程度のガラス製品ばかりです。ですが、私は思うのですが、お金儲けではなく、何かを表現したいと欲する一人のガラス職人が追い求める真のアートとは本来極めて人間臭く、魂の奥底から湧き出でてくる熱く沸騰したパッション(情熱)の塊のようなものではないでしょうか。そして、実際は彼らが本当に作りたいものだろうと、今回の旅ではつくづく感じさせられました。「これこそが本当のベネチアングラスアートだ」と感じたので、買付を敢行しましたが、様々な事情により断念。写真にだけは収めてきました。
帰路につく
暮色漂う中、沢山の仕入れと思い出を胸に、帰路ミラノへ向け出発。いろいろな勉強をさせてもらった旅でした。

鏡専門店岡本鏡店のベネチア旅行記
お買い物ガイド
ご注文は、次のお支払方法により承ります。
クレジットカード決済
 取扱いカードは次の通りです。
鏡専門店で使えるクレジットカード

鏡専門店で使えるクレジットカードについて詳しくはこちら
後払い(コンビニ、郵便局、銀行)
商品は、お支払い前に発送致します。
当店に代り、株式会社キャッチボールが請求書をお送りします。
上限金額は、総額が30万円(消費税込)未満です。
手数料は324円です。
詳しい取り決め(契約内容)をご確認の上ご注文下さい。
  ↓↓↓
鏡専門店で使える後払い決済

鏡専門店で使える後払い決済について詳しくはこちら
代金引換
クロネコヤマト、西濃運輸カンガルー便による代引きサービスです。
※手数料はお客様負担で金額により異なりますので、下の「詳しくはこちら」でご確認下さい。
※利用限度額は、30万円(税込み)までです。
鏡専門店で使えるクロネココレクト  鏡専門店で使える西濃コレクト

鏡専門店で使えるクロネココレクトについて詳しくはこちら
コンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済
銀行ATMからでもコンビニ専用端末やネットバンクからでも、好きな支払先を選べる便利なサービスです。
※コンビニ専用端末利用限度額は、30万円(税込み)未満です。
※手数料は324円(税込み)です。
※前払いです。
鏡専門店で使えるコンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済

鏡専門店で使えるコンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済について詳しくはこちら
コンビニ決済(払込票式)
ご注文後「コンビニ払込票」を送付します。
入金確認でき次第、出荷準備に掛かります。
※手数料は324円(税込み)です。
※前払いです。
鏡専門店で使えるコンビニ決済(払込票)

鏡専門店で使えるコンビニ決済(払込票)について詳しくはこちら
銀行振込
受注後に口座番号をメールでお知らせ致しますので指定期日までにお振込み下さい。
振り込み手数料はお客様負担です。

郵便振替
受注後、振込先口座情報と送料を含む総請求額をメールでお知らせ致します。
振り込み手数料はお客様負担です。
ミラー専門店の銀行振込郵便振替について詳しくはこちら
・クロネコヤマト宅急便、または西濃運輸カンガルー便でお届けします。
※宅急便の場合でもご注文数によっては西濃運輸に変更することがあります。
・配達日指定は次の時間帯で承ります。

※西濃運輸は午前・午後の指定のみです。
ご希望に副えない場合があります。
ミラー専門店のクロネコヤマト宅急便、西濃運輸カンガルーについて便詳しくはこちら
・送料はお客様負担です。
・西濃運輸カンガルー便は全国一律2,700円(税込み)です。
※ただし北海道・沖縄・離島は別途御見積とさせて頂きます。
・クロネコヤマト宅急便は地域別一律運賃でお届けします。
・地域ごとの運賃は下の「詳しくはこちら」でご確認下さい。

ミラー専門店の運賃表について詳しくはこちら



このような梱包でお届けします。
【お客様都合による交換返品】
・お客様都合による交換返品は商品の性質上お受けできません。
【輸送破損、初期不良】
・万が一破損、荷傷み、初期不良があった場合は、当店までご一報下さい。
電話 075-343-0550
※配達指定日、もしくはお届け予定日から7日以内にお知らせ下さい。
※商品の性質上、微細な瑕疵は初期不良とは認められない場合があります。
※配達指定地から移動した荷物や、すでに使用された商品の事故認定はできません。
※運送業者がお伺いするまで梱包材なども含めて保管を願いします。
※梱包資材が残っていない場合は輸送事故と認められませんのでご注意下さい。
・交換、又は返金にて対処させて頂きます。
・ご返金の方法は、銀行振込のみとさせて頂きます。
ミラー専門店の交換返品について詳しくはこちら

その他詳しいお取引方法はこちらをご覧ください。
お買い物ガイド
株式会社 岡本鏡店
〒600-8031
京都市下京区寺町通四条下る貞安前之町594
TEL:075-343-0550 FAX:075-351-4508
Email:kagami@okamotokagami.co.jp
ショールーム 10:00 〜18:00
定休日:毎週水曜日
※水曜日は定休日なため、お電話を頂いてもお応えできないかもしれません。
また、メールの返信は木曜日以降になりますので予めご了承下さい。
店主の岡本勇郎です。鏡屋初代・岡本喜兵衛から数えて五代目の1967 年生まれです。
ミラー専門店の知識と技術を生かしつつ、「温故知新」と「一期一会」を大切に、目利きの品を京都のショールームよりお届けします。
商品についてのご質問やご要望は、何なりとお聞かせ下さい。
(C) Copyright 2000-2018 OkamotoKagami-Ten co,ltd. All Rights Reserved.
このページに掲載されている画像・イラスト・文章などの無断転載を禁じます。

ページトップへ